2Dリアルイラスト似顔絵 本田翼

パタンメーカーにとって、観察力を養うことは大変重要です。
目、鼻、口、眉、髪の毛などそのパーツの組み合わせによって、一人一人違った個性が現れます。
ボーイシュな不思議な感覚を「本田 翼」さんを描いていると感じます。
アパレル(衣服)も基本パターンの組み合わせによって、カジュアルテイストからフェミニンテイストまで、多種多様なイメージ表現が可能です。
パタンメーカーは、紙とシーチング(トワル)のモノクロ世界から脱して、是非トータルコーディネートしたキラキラ光るスタイルイメージまで見通した、パターン品質制作を心掛けましょう!!
その意味では、このWebサイトで取り扱っている「デジタルトワル」はその色彩豊かなカラートワルの作成が可能であり最終着装イメージを膨らませながら、パターン作成ができる優れものと言えます。
近々に、デジタルトワルスキルアップ講座NO.3(8月号)をPDF出版します。
ご期待ください。デジタルトワルで、フェミニン・ブラウスの作例を紹介しています。
1.イラストの顔の下書きを鉛筆ツールで描くところから始め、2~6まで各種筆ツールで色をのせていき7.で本田 翼さんの似顔絵イラストが完成です。

関連記事

  1. トルソー水着

  2. イラスト制作シリーズ

  3. 2Dリアルイラスト”キャリアウーマン”

  4. ファッションイラストの描法アラカルト

  5. 2Dリアルイラスト「剛力彩芽」

  6. 顔について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。