ファッションイラストの描法アラカルト

全身のファッション画を描く時の私のやり方をご紹介しましょう!!
テイストがキヤリア・ターゲットのイラストを手がける時に、顔はキャリアウーマン(表現が古いでしょうか?)を描きパーツとして準備します1~6。更にポーズ付きのヌード元型(洋服を着せる元型です)に組み合わせます7。
それらをベースにして、今の時代を表現する洋服を着せて描きたい完成形イラストにもっていきます8。
結局、パタンメーカーの性なのでしょうか?
パターンメーキングのプロセスと何か、変わりないですネ!!
シルエット原型(ヌード元型にあたる)に、衿ディテールパーツ(顔パーツにあたる)を組み合わせて、パターンバリエーションである「デザインパターン(イラスト完成形)」を作っていくわけです。
まさに、私がpdf著作で発行しているデジタルトワル・スキルアップ講座シリーズは、CADパターンメーキングのコツを原型やディテールパーツの組み合わせで作っていく方法を紹介しているわけです。
Zip原型をセットにしたものですので、それを使用してpdfデータをダウンロード後すぐCADパターンメーキング実習に入れます。
ぜひ、お手に取ってお試しいただきたいと思います。 

関連記事

  1. ファッションイラストの描法アラカルトの2

  2. 2Dリアルイラスト似顔絵 本田翼

  3. 2Dリアルイラスト「剛力彩芽」

  4. 2Dリアルイラスト似顔絵 石原さとみ

  5. トルソー水着

  6. イラスト制作シリーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。