顔について

顔、その中でもメイクアップは、パタンメーカーの仕事に関係ないように感じませんか?
時代の雰囲気とか、ファッションの機微のようなものを感じることができます。
特に、アパレルCADでパターンメーキングの仕事をしていると 数値やデータ処理的な左脳重視のバランスになっていませんか?
これからは、アパレルCADをクリエィティブなツールとしてとらえ直し、パターン(図形)認識、色彩感覚など右脳的なバランスを訓練することも求められます。また、イラストを描くことによりパラダイムシフト・気分転換にもなりますネ!!
スーパーモデルのアーティスティックな顔バランスを知ることは、必須の鍛錬です。
1.イラストの顔の下書きを鉛筆ツールで描くところから始め、2~4まで各種筆ツールで色をのせていき5.でフェィス・メイクアップのリアルイラストが完成です。

関連記事

  1. ファッションイラストの描法アラカルト

  2. 2Dリアルイラスト 「ファッションドローイング」

  3. トルソー水着

  4. 2Dリアルイラスト 「スーパーモデルのエスキース」

  5. 2Dリアルイラスト 「貴婦人の素描」

  6. 2Dリアルイラスト 「有村架純をとことん描く」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。